一般社員教育

どの企業においても、上司や新入社員よりも、一番多いのが、勤務暦が数年経過している一般社員の数が一番多いはずです。
一般社員教育の目的としては、業務に関しても慣れてきている頃ですので、さらなるスキルアップの意識を芽生えさせたり、上司と新入社員との間に入って円滑の進めるためのスキルを磨いたりします。
また、自身の業務を見直して、業務の最適化や新人さんのためのマニュアルを作成しての指導能力の向上などもあります。円滑に指導するためのコミュニケーション能力の向上も一般社員教育では教えていきます。
入社して数年経過すると、業務に対してもマンネリ化してしまう社員もいますが、そのマンネリ化している業務を、もう一度見直して最適化することで、業務スピードの向上を狙います。 また、モチベーションが下がっている社員へのモチベーションの向上も目指します。

PR

  • オールインワンファンデーションの比較おすすめサイト ファンデーションもオールインワンで時短する時代です。
  • 更新履歴

    2014.7.1 サイト開設