リーダー社員教育

部下がつくということは、接し方も考えなくてはならなくなります。仕事をしていると様々な状況が考えられます。部下が功績を上げることもあれば、ミスをすることも考えられます。
そんな時の接し方もリーダーにとってはとても重要になってきます。功績を挙げたときには褒める事がよいのですが、その褒め方によってモチベーションは変わってきますから、簡単に褒めることはできませんし、ミスをした時の叱る方法も、ただ頭ごなしに叱るだけではただ沈み込んでしまうだけになってしまいます。
そこで、リーダー社員教育では、リーダーとしてのモチベーションを上げるための褒める方法や、ミスをしたときの正しく叱る方法などの部下との接し方ができるように育成します。

管理監督者教育

管理監督者となるともはや、小さな会社を経営しているぐらいの存在になりますので、経営目標も考えなくてはなりません。
その経営目標を立てて決定することにより、下の部下たちはその決定事項についていくことになるのです。もしこの経営目標を立てずに動かしてしまうとゴールが見えず、あっちこっちに流されてしまい、企業としては大きな打撃となることでしょう。
そうならないために、しっかりとした経営目標の立て方を管理監督者教育で学んでいくのです。

管理監督者となると部下が沢山ついてきますが、経営目標達成のためには部下の能力を引き出してあげなくてはいけません。
何もしなくても能力を存分に引き出している部下もいますが、中には能力があるのに、気付いてなかったり、使っていなかったりする場合もあります。そんな部下達の能力の引き出し方などを管理監督者教育で学んでいきます。

PR

  • ナイトスタイル大阪
  • 大阪で、ナイトスタイルに生活する方のお助けサイト

  • 職人スタイル大阪
  • 職人スタイルで、大阪で仕事を探そう

    更新履歴

    2014.7.1 サイト開設